婚活で料理教室に参加して分かったこと

婚活イベントで料理教室に参加してみた

婚活 | 街コン・婚活

婚活イベントで料理教室に参加してみた料理教室は会話だけでなく相手の自然な姿が知れて良い結婚は食事を共にするので料理教室は婚活でも重要

婚活イベントといって思いつくのは、街コンや催し物に参加をするのが一般的ですが、趣向を凝らした料理教室にも興味があり参加したことがあります。
なぜ、参加しようかと思ったかと言えば、自然に会話ができることで相手の性格や振る舞いがありのままに分かるのではないかと思ったからです。
単に、初対面で1対1や複数人で話す場合には、どうしても自分をよく見せようとする心理が働いてしまうのではないかと思うこともありました。
せっかく婚活に参加するのなら、より相手の性格や振る舞いが自然にわかるような環境の方が、価値があると考えたからです。
これまで各種イベントに参加した時には、会話だけに注目しているので、相手のありのままの状況というのは正直に言えばよくわかりませんでした。
特に、会話が饒舌な方やソフトな物言いの方は好感度もよく会話も弾みやすいのですが、誰に対してもそういった印象を受けるので、自分との相性が良いのかというのは掴みどころがありません。

ずっと雨だ。

傘をひっくり返して溜まった水みたいに
気分も重くなりがち
なんかいいことがあって
傘をまたひっくり返えして
ちゃんとつかえるように

今日も婚活します。
#足元注意

— 廣瀬友祐 (@hirose_yuusuke) 2019年7月12日
逆に、口下手な方や口数が少ない方だと、相性が良いかもしれないのに話が弾みにくいことで、相手の性格や印象をつかめませんでした。
そこで考えたのが、料理教室への参加でした。
作る工程で何らかの分担をしなければ、料理は作ることができません。
必然的に、会話が弾んでくるというのはメリットだと考えました。
会話だけならその場しのぎで話術にたけている人が取り繕うことはできるでしょうが、料理を作る工程が入るとありのままのしぐさや表情が出てきやすかったです。
包丁を使ったり、焼き物を作ったりこれまで未経験の方なら、そばで見ていても直ぐにわかります。
かえってそれがありのままの相手の個性を引き出してくれたのです。